年賀はがきの値段はいくら?はがき値上げ後の年賀状料金の詳細

スポンサードリンク

年賀はがきの値段はいくら?はがき値上げ後の年賀状料金の詳細

2017年6月から郵便はがきの料金がかわりました。いままで52円だったのが、62円へと値上がりしたのです。

 

しかし、年賀状だけは52円据え置きというなんともありがたい価格で決まりました。年賀状の値段を上げてしまうと、郵便局の書き入れ時の年賀状での収入が下がってしまうのを防ぐための措置だと思います。

 

年賀状代は結構かかりますからね。この料金設定は郵便局さんの苦肉の策だったのではないでしょうか?

 

 

年賀はがきの値段

 

年賀はがきの値段の概要は書いたのですが、詳細な値段を見ていきましょう。

 

○52円

  • 無地・インクジェット紙
  • ディズニーキャラクター年賀(インクジェット紙)
  • ハローキティ年賀(インクジェット紙)
  • スヌーピー年賀(インクジェット紙)
  • いろどり年賀(うぐいす・インクジェット紙)

 

○57円

  • 絵入り(寄付金付き)(全国版・地方版)

 

○62円

  • インクジェット写真用(10枚以上10枚単位)

 

○208円

  • オリジナル用(四面連刷)

 

○1,980円

  • 嵐年賀状(7枚セット)
  • 一枚だけ買うことはできないようです。
  • 郵便局で直接販売せず、郵便局で申し込み、その場で料金を支払い、
  • 後日郵送という形になります。

 

 

年賀はきがを出す時期に注意

 

冒頭にも書きましたが、郵便はがきの料金は2017年の6月に52円から62円へと値上がりになりました。

 

しかし、年賀状は52円での販売で値上がりはしていません。しかし52円で出せる時期が決まっているのです。

 

12月15日〜翌年1月7日までの間に限り52円で出すことができます。
12月15日に年賀状をだそうと言う方はいないと思うので心配ありませんが、翌年の1月7日を過ぎて年賀状を出そうとすると、通常のはがき料金の62円となり、10円不足してしまうということになります。

 

このあたりにはすごく注意が必要だと思いっています。

 

 

年賀状の料金に注意が必要な方

 

普通であれば、12月15日〜翌年1月7日の期間内に年賀状を差し出すことになると思いますが、注意が必要な場合があります。

 

年賀状が届いてから返事を書く形で年賀状を出す方が存在します。私の知人にも何名かいます。

 

元旦に年賀状が届いて直ぐに返事を書くというスピード感なら7日までに出せるので問題ないかと思いますが、旅行や何かでタイミングが遅れた場合は注意が必要です。

 

7日を過ぎると年賀はがきが62円でないと差し出せないという自覚があるといいですが、まったく気にしていないと、年賀はがきを7日以降に出してしまうことも考えられます。

 

年賀はがきを用意して置いても、7日を過ぎる投函であれば、10円切手を春必要が出てきます。

 

想像してみると、年賀はがきに切手を貼るというのも、なんだかスマートではないような気がします。この感覚は人それぞれだと思いますがいかがでしょうか?

 

 

年賀状を遅く送るくらいなら寒中見舞いにする

 

年賀はがきを出す時期が遅くなってしまい、年賀状の料金不足や10円切手を張り足すという可能性があるなら、いっそのこと年賀状をやめてしまうという方法もあります。

 

寒中見舞いとして、年賀状の返事を出すという方法です。寒中見舞いを出す時期は1月5日頃?2月4日頃までなので、年賀状の返事とするにはちょうどいい日程になります。

 

寒中見舞いなら62円で、年賀状の料金よりは10円高くなってしまいますが、料金不足などで、年の初めからカッコ悪い思いをするくらいなら、割り切って今年から年賀状を出すのは諦めて、寒中見舞いとして出すという選択肢もアリだと思います。

 

貰った法としても、お正月を過ぎて、通常の生活に入ってから届く年賀状には、ちょっぴり違和感を感じるので、遅くに年賀状をだすなら寒中見舞いの方がいけていると思います。

 

 

まとめ

 

遅く年賀状を出すという習慣の方は、今年からせめて旧年中に年賀状を出すことにすればいいのではないかと思います。

スポンサードリンク